ほうれい線 クリーム ランキング

MENU

ほうれい線ができる原因とその対策

30代をすぎるとほうれい線が気になり始める人もいるかもしれません。
実はこのほうれい線はたるみが原因で作られる場合が多いといわれています。
口の周囲や頬にも筋肉はありますが、これが衰えて硬くなったために頬の肉が下がり、ほうれい線が口元と頬の中間にできてしまいます。
このほか、紫外線を浴びることで肌のハリがなくなる、あるいは皮下脂肪が増えることでその重みでほうれい線ができるケースもあります。

 

・ほうれい線の原因について
・乾燥による原因
顔にできる小じわは、肌の乾燥によって引き起こされることがあります。
肌の乾燥は肌が保湿されていないということでもあります。
そのため、肌が保護されていない状態と同じであり、肌に対するダメージも受けやすくなっているため小じわがいくつもできるということになります。
さらに、小じわがいくつも集中してできてしまうことがほうれい線へとつながる可能性もあります。
年齢に関係なく肌が乾燥する要因はいくつもります。
そのため、必ずしも加齢だけがほうれい線の原因にはなりません。

 

・表情筋の低下
肌の土台ともいえるのが表情筋です。
この表情筋が弱くなると肌を支える力も弱くなってしまい、ほうれい線が作られやすくなります。
表情筋が弱くなる原因としては、普段から表情がそれほど変わらないという場合が考えられます。
また、口を動かすことが少ない人も表情筋の低下につながります。
人と接する機会の少ない人などもほうれい線ができやすくなっているといえるでしょう。

 

・過剰なダイエット
体重を落とすためのダイエットがほうれい線の原因となることもあります。
ダイエットは脂肪をなくすことをひとつの目的としていますが、脂肪がなくなることでその上にある皮が伸びてしまう状態となります。
特に過剰なダイエットの場合は肌を支えるための筋肉もなくなってしまう場合がありますのでその結果ほうれい線が作られる要因となります。
40代をすぎると肌の内部にあるコラーゲンやヒアルロン酸なども減少している場合が多く、しわやほうれい線の原因になる場合がほとんどです。
これに加えて紫外線もコラーゲンの減少の原因となりますので、さらにコラーゲン不足が進むことになります。
室内にいれば安心と思われるかもしれませんが、紫外線というものはガラスを透過する性質をもっています。
そのため、室内にいても日が当たる場所にいる場合は紫外線対策をしておきましょう。

 

・肩こり
肩こりが原因となってほうれい線が作られることがあります。
肩の血液の流れが低下や老廃物の蓄積が原因で肩こりになります。
そのため、体そのものがむくみやすくなったり、ほうれい線ができやすくなってしまいます。
特に普段から姿勢が悪い、何かに肌を押し当てている、こうした場合には型がついてしまいほうれい線になりやすくなります。
姿勢を整えることも注意したいところです。

 

できてしまったほうれい線を解消するにはどうすれば良いでしょうか。
最近では女性らしい体を目指してダイエットをするといった人も増えています。
ダイエットをするということであれば、無理なダイエット、過剰なダイエットは避けて適度な運動をしたり食事のバランスを見直すといったところから始めると良いでしょう。
すぐにダイエットをするということはできないまでも、ゆっくりと体重を落とすことでほうれい線が出来る状態を防ぐことが可能です。
運動とダイエットを併用することで血行の改善にもつながりますので肩こりも解消され、ほうれい線の対策を同時に進めることができるようになります。
また、しわ対策のボトックス注射やヒアルロン酸注射などで紫外線によるダメージ回復や肌のハリを復活させることも最近ではできるようになりました。
もちろん紫外線対策をしっかりと行い肌へのダメージを抑えつつ、肌の保湿をすることも忘れないようにしましょう。
ツボ押しマッサージもほうれい線対策のひとつです。
口の周囲にあるツボを刺激してリンパの流れを改善し老廃物を排出することで肌のたるみを解消していきます。
乾燥が原因でできるほうれい線の場合は保湿成分が含まれた化粧品だけを利用するのではなく、加湿器などを利用して室内を乾燥させないようにすることも考えておくと良いでしょう。